KurentoRoom(Android版) [0.0.0]

はじめに

多人数参加のWebRTCデモアプリであるKurentoRoomDemoのAndroidアプリ版を作成したので、GitHubに公開しました。

https://github.com/baconbabao/KurentoRoomMobile

初回リリースのため、バージョン番号として、0.0.0 のタグを付けて登録しています。今後、以下のルールでバージョンアップを図っていきたいと思います。バージョンアップ時は本ブログで更新内容をお知らせする予定です。

バージョン体系: X.Y.Z
X – メジャーバージョン:大幅な変更
Y – マイナーバージョン:小規模な機能追加
Z – 不具合修正

Android版の概要

KurentoのWebサイトで公開されているブラウザ版と比較して、大きく以下の機能を削っています。

  • Chat機能
  • スクリーンシェア機能
  • 画像フィルタ処理機能(帽子をかぶせる)

コンパイル&実行方法

開発環境の準備

まずは、Androidの開発環境を準備します。
詳細は、「AndroidでWebRTCアプリ開発(開発環境準備編)」を参照ください。

開発環境

  • 開発ターゲット:Android 4.2+
  • 開発用PC: Windows10
  • 開発フレームワーク: Cordova + AngularJS + Ionic

開発環境の構築手順

以下の開発ツールをインストールします。

  • (1) JDK
  • (2) Node.js
  • (3) Android SDK
  • (4) Cordova
  • (5) Ionic

(1)JDK~(4)Cordovaのインストール

こちらのサイトでインストール手順が詳しく記載されていますので手順に従ってインストールしてください。なお、Android SDKの「SDK Tool Only」のインストーラは2018年1月時点で該当サイトに見つからなかったため、代わりにAndroid Studioをインストールしました。SDK Toolは、Android Studionの起動後のセットアップでインストールされます。

(5)Ionicのインストール

Cordovaのインストールと同様にnmpでインストールします。AngularJSも一緒にインストールされます。

$ npm install -g ionic

Ionicプロジェクトの作成

Ionicプロジェクトの作成

$ ionic start KurentoRoomMobile blank --type ionic1

プロジェクト作成中に以下の質問があるので、それぞれ回答

Would you like to integrate your new app with Cordova to target native iOS and Android? (y/N)

→ yを選択

Install the free Ionic Pro SDK and connect your app?

→ nを選択

ソースコードのダウンロード

GitHubから今回のソースコードをダウンロードします。GitコマンドもしくはWebサイトからZip形式でダウンロードして、ソースを展開します。ここでは、Webサイトからダウンロードして解凍する手順を記載します。

  • ブラウザで、「https://github.com/baconbabao/KurentoRoomMobile」を開く。
  • Tag 0.0.0を選択して、Clone or DownloadボタンからDownload ZIPをクリック。

  • Ionicプロジェクトの作成で作成された、KurentoRoomMobileフォルダ内に上書きで解凍。

ソースコードの修正とビルド

ダウンロードしたソースに対して、以下の個所を修正。

www/angular/login/loginController.jsの16行目と17行目のサーバURLを記載。サーバURLは、ご自身で構築されているKurentoRoomサーバのURLを指定してください。KurentoRoomサーバの構築方法は、こちらを参照してください。

なお、現在サンプルサイトを立ち上げていますで、もしKurentoRoomサーバを構築していない場合は、以下のURLを指定することもできます。(当方の都合で公開を取りやめる可能性がありますので、ご了承ください。)

https://kurento-room.baconbabao.tk:8443/
wss://kurento-room.baconbabao.tk:8443/

platformフォルダを追加後、「cordova buildで突然エラーがでるようになった」を参考に、platforms/android/app/build.gradle を修正。また、androidのOSバージョンが4.2の場合は、platforms/android/build.gradleファイルのdefaultMinSdkVersionを19から16に変更してください。

$ ionic cordova platform add android

platforms/android/appの中にある、build.gradleファイルの一番上に、以下を記述

configurations.all {
resolutionStrategy.force 'com.android.support:support-v4:27.1.0'
}

Android用にビルド。

$ ionic cordova build android

実機で確認

andoroid端末を開発PCにUSBで接続して、runコマンドを実行

$ ionic cordova run android

 

無事、Android端末で、KurentoRoomのデモが起動したでしょうか?

不具合等ございましたら、コメント欄に記入していただければ助かります。

今後、不具合修正や機能追加、iOS対応などを行っていきたいと思います。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です