WebRTC開発についてのまとめ

こんにちは、ベーコン婆男です。

ここで一旦開発方法についてまとめます。

WebRTCのアプリを開発するためには、サーバとクライアントの両方を構築する必要があります。

サーバ構築

  • オープンソース Kurento を利用。
  • 自分でサーバを立てたくない方は、有償になりますが、Kurentoベースのクラウドサービス elasticRTCを利用することも可能です。

クライアント開発

  • ハイブリッドアプリとして開発
  • ターゲットOS:  iOS, Android, Windowsパソコン(Chrome, FireFox)
  • フレームワーク: Cordova + AngularJS + Ionic
  • 開発言語: JavaScript, Html, CSS

サーバについては自分でサーバを立てるか、IaaSのようなクラウドサーバを利用してください。

それでは次回から、具体的にサーバの構築方法とクライアントアプリの開発方法について記載して行きたいと思います。